<head>

保健師めっこののんびり子育て

タグ:寝かしつけ

生後96日目(3m4d)

この時期は、夕方も遅い時間にならないと暑くてなかなか外出できないですよね
今日は旦那君が夕方には帰ってきたので、17時から散歩に行きました。
近くで祭りをしていたので、いい気分転換にもなりました


さて、先日の記事で「保育士さんがあまり良くない指導をしていた」と書きましたが、それがタイトルにもある添い乳です。相談内容は、「8か月になる子が抱っこでしか寝てくれないので、授乳の後も抱っこが続き眠れない」といっていたんです。

そこで保育士さんが勧めていたのが添い乳です。
メリットだけ述べていたので、とても気になりました。

添い乳は、「ただ横になって飲ませるだけでお母さんも一緒になって寝れるから楽!」という方がいますが、その言い方は間違いです。


添い乳での寝かしつけはメリットもあるけれど、デメリットもあります
というか、正しい方法を知らないととても危険です。

デメリットを知らない方が結構いるのではないかと思い、今回はお伝えしていこうと思います。
もちろんメリットもあるので、そちらも記載します。



添い乳のメリット4つ

寝ながらできるので、母親が体を休めることができる。
 このことを理由に添い乳を始める方も多いのではないでしょうか?

わざわざ寝かしつけをしなくてもいい。(添い乳が寝かしつけになる)
 ①と重なる部分がありますが、寝かしつけに時間を取られないので楽になります。
 抱っこしないから、授乳後に抱っこして寝かせようとすると目が覚めてしまった…なんてこともなくなります。

 ①②の2つの理由から添い乳を始める方がほとんどのように思います。

スキンシップが深まる。
 温かい布団の中で大好きなおっぱい…赤ちゃんも幸せですよね。

冬だとわざわざ布団から出さないので、風邪をひきにくい。
 今は夏なのであまり関係ないですが、寒い時期だとずっと布団の中なので、寒暖差が少なくなります。




添い乳のデメリット8つ

赤ちゃんの窒息死の危険がある
 一番怖いリスクです。赤ちゃんは授乳中は口が塞がっているので、母親のおっぱい等で鼻も塞がれてしまうと息ができなくて死んでしまいます。添い乳によってお母さんがうとうとしたり寝てしまい、赤ちゃんに覆い被さることが、乳児の窒息死因の原因になっていることが多いというデータもあります。

添い乳しないと寝てくれなくなる。
 先ほどのメリット②と同じですが、こちらはデメリットです。
 添い乳で寝かしつけをしてしまうとクセになるので、止めるときに違う入眠儀式に切り替える必要が出てきます。大きくなってからの入眠儀式の切り替えは、数日間泣き続けて眠れない…というのはよく聞きます。

げっぷをしないで寝てしまう。
 げっぷをしないので、ガスがたまって苦しくてあまり寝てくれなくなったり、よく吐いてしまう子だと窒息の危険があります。あまりげっぷを普段からしない子も、いつもと違う体制で空気が入りやすくなることもあります。
「授乳の後はゲップさせる」は出産後は誰からも言われることですよね?

夜泣きが多くなる。
 添い乳は眠りが浅くなりやすいです。飲んでる間に寝てしまうので満腹になりにくいからです。また、赤ちゃんは夜中に目覚めたときに寝た時と同じ状況でないと怒ります。抱っこで寝たなら抱っこの状態に、添い乳で寝たならふと目覚めたときにおっぱいを咥えてないとギャン泣きます。そしてまた添い乳…と続きます。
「夜中の添い乳をしなくなったら夜まとめて寝てくれるようになった」はよく聞く話です。

乳腺炎になりやすい。
 同じところばかり吸われるのでなりやすいです。特におっぱいの大きい方はなりやすいです。

中耳炎になりやすい。
 なぜが中耳炎を繰り返す…という場合、添い乳が原因のことがあります。

同じ姿勢でいることで体が痛くなる。

 赤ちゃんの体重が増えてくると動けないので辛くなってきます。

虫歯になりやすい。
 歯磨きせずに寝てしまうので。
 

冬は母親が風邪をひきやすくなる。
 赤ちゃんが自分で動けるようになると、勝手に母親の服をめくってのむようになります。服を戻してくれたりはしないので、寒い中で裸になってしまいます。



いかがでしょうか?


やはり死亡のリスクがある以上、個人的には添い乳で寝かしつけるのはお勧めしません。
「うちは大丈夫!」「皆平気って言ってたよ?」「助産師さんに勧められた」っていう方がいるかもしれませんが・・・
具体的な方法・リスクの説明はありましたか?


添い乳による窒息事故の報告は確実にあります。

大丈夫と思っていても予期せぬことで起こってしまうのが事故だと思うんです。


そして、今回の保育士さんもそうですが、メリットだけ述べて具体的な方法や危険性を伝えない指導者も多すぎます。


どうしても起き上がるのが辛くて休みたい…という場合はきちんと正しい方法で添い乳するようにしてくださいね。




正しい添い乳の方法
赤ちゃんの背中にクッション等をいれて横向きを固定し、ねじれないようにする。(母親は向き合って寝る)
 ちゃんと向き合わないと、きちんと飲めません。
 
授乳中は母親の上の腕で赤ちゃんの背中やお尻を支える。
 
きちんと固定して安定させてあげてください。

母親の下の腕は横に伸ばすか、曲げて枕などの下に入れる。
 
この方法が比較的長時間していても楽なようです。

飲ませた後は必ずゲップさせる。
 
普段あまりゲップしない子でもいつもと違う体制なので空気を飲みがちです。

母親は一緒に寝ない。
 
安全のために絶対起きていてください。

飲ませる位置やおっぱいを変える。
 乳腺炎の予防です。



いつも添い乳で寝かしつけるのではなく、疲れているときだけ添い乳にするなど、上手く使い分けるといいと思います。ただ、疲れているときは母親もうとうとしたり、一緒に寝てしまいがちです。
なのでやっぱり、個人的にはあまりお勧めできないかな…

もし添い乳をする場合は、安全には十分注意して行ってくださいね。


よければこちらの記事も参考にしてください。
抱っこでしか寝なかった娘の、入眠儀式を切り替えた時の記事です。

  抱っこしないで寝よう!入眠儀式の切り替え その① その② その③



 
 

image




読んでいただき、ありがとうございます
ポチッと応援していただけると嬉しいです


   ブログランキング・にほんブログ村へ        








生後52日目(1m21d)

雨なので洗濯物が乾かない日が続きます
自分達の分はまぁいいとして、娘のから生乾き臭がするのはちょっと気になります
乾燥機だけでもコインランドリーに行こうかな


それでは続きの記録
今までの記事→抱っこしないで寝よう!入眠儀式の切り替え その① その②


【抱っこしない寝かしつけ:2日目の様子】
0:30 ミルク。置くと寝ていく。
3:30 ミルク。置くと寝ていく。
7:00 寝てたけど、起こす。ミルク。
    朝風呂(お湯かけのみ)
8:00 寝ぐずり。添い寝で頭なでなでで5分で寝ていく。
9:00 ぐずって起きる。添い寝で10分で寝て、5分でぐずって起きる。ぐずぐず機嫌悪い。
9:45 バウンサーゆらゆらお腹とんとんで35分寝る
10:20 ミルク。バウンサーでゆらゆらして1時間寝る
     途中泣き声が一瞬したり、モロー反射で目覚めるが、自分で寝ていくorとんとん、ゆらゆらすると寝る。
12:00 添い寝で寝る。20分で起きる。
13:00 ミルク。
14:00 頭なでなでで寝る。40分後起きる。
16:00 ミルク。
16:50 頭なでなでで寝る。10分後起きてご機嫌。
18:00 お風呂。
19:00 ミルク。5分で寝る。
23:00 ミルク。置くと寝ていく。
2:00  ミルク。置くと寝ていく。
6:00  ミルク。


2日目にはだいぶ寝てくれるようになりました
でもうまく寝れなくてぐずぐずが長引くこともありました

3日目以降は、目がとろんとしてても、うまく眠れずにぐずぐずしてる時はちょっと長めに抱っこして、だいぶうとうとさせてから置いてあげるとすんなり寝ていきます
何もしなくても勝手に寝ていくこともあるけど、まだまだ一人じゃ寝れないこともあります
そういう時は、添い寝やお腹とんとん、頭や眉をゆっくりなぞることで5分もせずに寝ていきます

ちなみにずっと隣でずっと添い寝してれば全くぐずぐずしませんでした
自分も疲れてるときに使おう

寝入りはすごく早くなりました
今日なんてオムツを変える準備をしてたらその間に寝ちゃってた
あとモロー反射で起きちゃうのは、手を握ってるか、おくるみで押さえててあげれば大丈夫だった
うちはおくるみ嫌いなので、手を握ってるか、寝てからおくるみもどきでバスタオルを両腕の下に挟み込んでる

まだまとまってお昼寝はしないのは生後1か月だからかな?
今は細切れ睡眠だけど、これから変わってくかな


↓今日の娘。超ご機嫌で笑顔いっぱい

image






 

読んでいただき、ありがとうございます

   ブログランキング・にほんブログ村へ        

↑クリックで応援していただけると嬉しいです






生後51日目(1m20d)

昨日は職場の育休の手続きとかをしてたので、すごくバタバタしてました
今日はゆっくりしようと思ったけど、急遽お客さんが来て、結局バタバタしてしまいました
やっぱり子どもがいると前みたいにはいかないなと痛感しました

それでは昨日の記事の続き。 
昨日の記事→抱っこしないで寝よう!入眠儀式の切り替え その①

【抱っこしない寝かしつけ:1日目の様子 】

6:00 起床→ミルク。
  しばらく遊ぶ。
7:00 親が食事。構って泣き→抱っこ
8:00 うとうと→寝室へ移動。 ←抱かない寝かしつけスタート!
  隣に寝て、手を握って頭ナデナデするも、この世の終わりのようなギャン泣き。
  抱っこであやす→置いて様子見を繰り返す。
9:00 ギャン泣き止まらずのまま、授乳時間になり一旦ミルク。
  うとうと→寝室へ移動。隣に寝て手をぎにぎ。
  泣くけど先程よりは大きくならない。 →少し効果が出てきた
  泣き声も間欠になる。
11:00 うとうとするが、今寝てもすぐに授乳になるので早めにミルク。
   授乳後うとうと。隣に寝て手をにぎにぎ。
11:15 泣かずに寝る
11: 45 起きる
12:00 ミルク。
   バウンサーに置くと一人で勝手に寝る
   途中モロー反射や一瞬泣き声があるも起きずに寝ていく。
12:30 起きる。しばらく一緒に遊ぶ。
14:00 うとうとしだしたため、早めにミルク。
14:30 寝室へ移動。
   手をにぎにぎして頭も撫でるが、一回目と同じくらいの泣き声。
   抱っこであやす→置くを数回するがあまり変わらず。
15:00 布団に一緒に入ってあげると、多少泣き声が治まってくる。
15:30 寝る。
15:45 うめき声がしばらくするが静かになる。
   覗くと少し目を開けていたが、静かに閉じて寝る。
   途中「ふぇぇ」と泣きそうになるが、何もせずとも寝続ける。
17:00 完全に深い眠りに入っているけど、夜に影響するといけないので起こす。
   旦那君も帰宅したため、一緒に買い物に出掛ける。ベビーカーでご機嫌。
19:30 お風呂
20:10 ミルク
20:30 寝室へ。声を出すが泣かない。
21:00 ちょっとぐずるけどすぐ寝る
0:30 ミルク。すんなり寝ていく。
 

一日目は2回目からすでに効果が感じられました
夜、いつもなら2時間かかってるところが30分で寝たのには感動
それにいつも途中で目が覚めるとそのまま起きてしまうか、抱っこ寝に切り替えになるのがそのまま寝てくれるようになりました

やっぱり抱っこ→降ろすの動作がないのでスムーズに寝れました。
いつもは夜中無言で寝てくけど、今回は少しぐずってました。
といっても2分もぐずってないと思うけど・・・

泣き止まない我が子を前に抱っこしないのは本当に辛い
耳栓なくちゃ絶対無理

何もせず放置ってやり方もあったけど、自分にはできそうにないです
娘はすごく頑張ってくれました



↓触れてると安心して寝てくれます
image




読んでいただき、ありがとうございます
ポチッと応援していただけると嬉しいです



   ブログランキング・にほんブログ村へ        









生後50日目(1m19d)

抱っこ…特にラッコ好きーな娘に対し
心を鬼にして寝かしつけに抱っこをしないことにしました

んで、試してみたところ、
半日で効果が出ました

今では完全に抱っこしなくても眠るようになりました


私がしたやり方と結果について書いておきます。



【はじめに】
まず、私のもともとの考えとして
「早いうちから抱っこ以外の寝かしつけをマスターさせよう」
という思いがありました。


理由は
・体重が重くなってきたらしんどくなる。
・抱っこで寝ても、置くと起きるので寝かしつけに時間がかかる。
・抱っこで寝かしつけをやめる時は、他の入眠方法に切り替えないといけない。
・大きくなってからの切り替えの方が大変。

ということから。


初めからしなかったのは

・新生児のときは生活リズムがない。
・外の世界が不安で泣くっていう
親からすると理由のわからない「意味不明泣き」もある。
・はじめは安心させたい

ので、寝かしつけなんて考えずに抱っこしてました

飲んだらすぐに寝てくれてたし


その結果、最近は
昼→ラッコ抱きじゃないと寝ない
夜→寝るまで2時間以上抱っこ

になってしまいました



しようとしたきっかけは

生活リズムがついてきた

寝かしつけに2時間以上かかる

どうして泣いてるかわかるようになってきた


という私なりの条件が揃ったからです



ちなみに「抱っこで寝かしつけ」をしないだけで、抱っこ自体はしてます
むしろ甘えてるときや遊んでほしいときはいっぱい抱っこしてあげます

今日はかまってぐずぐずの後の満面の笑顔がめっちゃ可愛かったです


【やり方】
・眠くなったら寝室へいき、一緒に横になる。
・どれだけ泣いても抱っこでは寝させない。
・5分以上ギャン泣きしたら抱っこであやす。
・あやし抱っこでうとうとしてきたらベッドに置く。
・頭を撫でる、指を握る、背中とんとん、お腹とんとんなどで安心させる。
・かなり泣くことが予想されるので、耳栓を使用。(完全に聞こえないようにするためじゃなく、音を小さくするため。そのままだと鳴き声に母はメンタルやられてしまいます)


【娘の今までの生活リズム】
・授乳間隔3時間。
・5~6時 起床。
・18時 お風呂
・19時 授乳後寝かしつけ開始。
・21時 就寝。
※就寝~起床の間も授乳間隔は3時間。ただし飲むとすぐに寝てぐっすり。


【今日の様子】
夜はすぐに寝てぐっすり。
昼も置いても泣かなくなるが、まだ眠りが浅いのかすぐに目覚める。
昼間はまだなかなか離れられないですね


image




読んでいただき、ありがとうございます
ポチッと応援していただけると嬉しいです



   ブログランキング・にほんブログ村へ        









このページのトップヘ