生後115日目(3m23d)

今日はお友達の家に遊びに行きました。
職場の同期で、一番仲の良い子です。

事務職なので仕事内容が被ることはないですが、すごく頑張り屋でまじめな子で、一緒にいると元気をもらえる子です。

妊娠するまでは、仕事の話や妊活の話などよく一緒に話していました。
偶然ですが、住宅購入した時期もほぼ同じで、妊娠したタイミングも近いのです。


社会人になってから、一番「縁」を感じている子です。



その子の赤ちゃんは1か月半でした。
1か月半なんて、自分の時はすごく大変だった記憶があったのに、とても元気にしていました。

正直、すごくホッとしました。

出産前は、実家はすごく近いけど両親はまだ働いているし、旦那さんも激務だったので誰にも頼れないといっていましたが、お母さんがすごく頑張って手伝ってくれるのと、たまたま旦那さんが出産直前から定時で帰れるようになったので、周りの協力が得られるようになったといっていました。

旦那さんの仕事が早く終わるのは一時的なものみたいですが、一番大変な時期に一緒にいてもらえるのは本当に助かりますよね。


自分があまり母と旦那君の協力が得られない環境だったので、新生児期は過労とストレスでじんましん出たり、母乳のことでノイローゼになったりと大変だったので、そういう環境じゃなくて、良かったなと思いました。


ただちょっと、これからのことも心配でもあります。
「ぐずったらすぐおっぱい」を実践していて、3時間くらいの滞在中、9割方おっぱいを咥えさせていて、1回も赤ちゃんの泣き声を聞きませんでした。「ふぇぇ」と少し声を出すと咥えさせるといった感じでした。

すごいなと単純に尊敬しつつ、これからが大変そうです。
事実、先日、ちょっと外出したけれど、ほとんど授乳室から出られず、全然買い物ができなかったと言っていました。

それでも、苦になってる様子を全く見せない彼女・・・本当にすごいなと思います。

これから大変なことがあっても、彼女のことだから、きちんと乗り越えていくんだろうと思います。



そんな彼女から、私も「すごい」と言われました。
ほとんど周りの協力得られないのに、一人で頑張っている、すごいねと。

今まで自分のことをあまり知らない人(保育士さんや親せきなど)から言われてもあまり響いてこなかったけど、事情を知ってる彼女から言われると「そうか」と素直に納得できました。



そうですよね、子育てしてて頑張っていない人なんて、いないんですよね。


ほとんどの時間を子どもと2人で過ごしていると、「このままでいいのかな?」「今日はいったい何をして過ごしたんだろう・・・」って、ふと考えてしまうことがあります。

今の時間がとても大事なものであること、頭ではわかっているんです。
子育て中のお母さんをだくさん見てきて、子育てをみんな頑張ってる、素晴らしいことをしているんだといつも思ってきました。


でも、いざ自分のことになると、違う考えが浮かんでしまうことがあるんです。
・・・理屈じゃないんですよね。


そんなときだった彼女の一言。


私も頑張っているんだなって、思えました。
娘の成長のために大切な、大事な1日をちゃんと過ごしているんだとあらためて思いました。
娘と一緒にいられるこの環境も、とても恵まれていると思いました。



今日も彼女からはたくさん元気を貰いました。
彼女もいい気分転換になったでしょうか?
そうだったらとても嬉しいです。

これからお互い大変なことがあっても、元気を与えあえるような関係でいれるといいなと思います。


image

一緒に写真もいっぱい撮りました。
やっぱり、赤ちゃんみてると癒されますね。






読んでいただき、ありがとうございます
ポチッと応援していただけると嬉しいです



   ブログランキング・にほんブログ村へ