生後7m12d

生後6か月ディズニーレポ、今回は旅行1日目「ディズニーシー編」です。
準備や娘の状態についてはコチラ→生後6か月ディズニーデビューレポ*準備編*

前回からかなり時間がたってしまいました。。。
2~3日中には更新するつもりだったんですが、娘が謎の下痢(胃腸風邪ではないらしいが、一日下痢が十数回)と私が風邪でここのところ大変なことになっておりました…


さて、それではディズニーシーのレポです。

ディズニーシーは1日目に行きました。
それでは移動から宿泊まで書いていこうと思います。
ちなみに、移動は新幹線でベビーカー持ち、ホテルはSPA&HOTEL舞浜ユーラシアに泊まりました。


目次

①移動手段と荷物
②舞浜駅到着から入園まで
③お座り前ディズニーシーお勧めスポット
 ⑴乗り物
 ⑵グリーティング
 ⑶パレード
 ⑷グッズ
 ⑸ベビーセンター
④退園~ホテルまで
⑤ホテル舞浜ユーラシア到着から就寝まで



①移動手段と荷物

移動手段移動は電車と新幹線を使いました。
在来線2本(30分)→新幹線(2時間)→京葉線(15分)です。
朝は5時起きでしたが、娘はもともと早起きなので(だいたい5時~6時)眠くて機嫌が悪い、といういことはありませんでした。

新幹線は車両の一番後ろの席にしてもらいました。
ベビーカー使用時のお子様連れ人気の席は一番後ろ→一番前らしいです。
みどりの窓口でベビーカーで行くことを伝えたら、販売員さんが配慮して取ってくださいました。

一番後ろは座席の後ろにスペースがあるので、ベビーカーを置くことができます。
お子さんが寝てしまっている場合は、そのまま置くこともできるみたいです。
安全面でどうなのか・・・とは思いますが、確かに寝てしまっていれば楽ですよね。

ちなみに、一番前は座席の前の方にスペースがあるので、ベビーカーを置きやすいみたいです。

我が家は娘がガンガンに起きていたので、ベビーカーだけ置かせてもらって、抱っこして座りました。


ディズニーまでの移動は、ベビーカーは持参しましたが、全く使いませんでした。
東京駅とか「ベビーカーに乗せようか?」と旦那君に提案したのですが、抱っこ紐の方が早いからと却下されました。私としては先が長いので使ってもいいと思ったんですがね。。。

ただ、速さを求めるならベビーカーより抱っこ紐の方が移動は速いと思います。



②舞浜駅到着から入園まで

さて、舞浜駅に到着したら、ここで思わぬハプニングが起きました。
旦那君がものすごく汗臭いのです。
寒い予報だったので、厚着していたのと、電車での抱っこ紐移動が効いて大量に汗をかいたみたいです。

そのためイクスピアリで旦那君の服を購入して、ディズニーリゾートラインに乗り、シーで降りてホテルまで歩いて、ホテルでスーツケースと上着を預けて、旦那君は着替えてから出発しました。

ディズニーシーからは近いと思っていた舞浜ユーラシア。
実際は結構距離がありました。
あとから気づいたのですが、舞浜ユーラシアは舞浜駅の北口からシャトルバスが出ているので、それを利用した方が楽だし早かったと思います。

移動でしんどくなってしまったので、ホテル→ディズニーシーまではタクシーを利用しました。
朝早く出たけれど、ここで2時間ほどロスしてしまいました。


③お座り前ディズニーシーお勧めスポット

⑴乗り物

ディズニーの公式サイトでは、Disney Mama Styleという、ディズニーをお子さん連れで楽しめるための情報満載のサイトがあるので、一度見てみるといいと思います。
ここでは子どもの状態に合わせて乗れるアトラクションも検索できます。
「一人でお座りできない」という検索項目もあるので参考になりました。


一人でお座りできない赤ちゃんがアトラクションに乗る場合、親が膝に乗せて乗り物に乗ることになります。
基本的に電車や船など、あまり揺れたりしない移動手段で使うようなアトラクションは大丈夫なことが多いです。あとはタートルトーク、アリエルのエリアは乗れるものが多いです。

我が家はディズニーシー・エレクトリックレールウェイに乗りました。
エレクトリックレールウェイはベビーカーのまま乗ることができるので、移動するのにもアトラクションとして楽しむのもいいと思います。
乗るときはベビーカー持ちの人はエレベーターで先に上に上がり、持ってない人は列に並んでアトラクションに乗る直前にベビーカー持ちの人と合流します。

本当はディズニーシー・トランジットスチーマーラインにも乗りたかったのですが、40分待ちと言われて挫折しました。

⑵グリーティング
ディズニーシーはグリーティングできるところがたくさんあります。
ミッキー、ミニー、グーフィー、ドナルド、ダッフィー、シェリーメイ、アリエルなどなど・・・

ディズニーランドのように外でキャラクターと会えるのもいいんですが、キャラクターが待っていてくれると自分の行きたいときに並べば写真が撮れるのでいいですよね。

その中でもお勧めはシェリーメイちゃんです。
シェリーメイちゃんは出現時間が決まっているので合わせないといけないのですが、時間はネットで見ればわかりますし、待っている間に花壇のところで座って待つことができるのでお勧めです。
この花壇が座る高さにちょうどいいんですよね。

100分待ちとかでも全然余裕です。
他のグリーティングのように行列が蛇行しているのではなく、花壇に沿って一列に並んでいるのも好きなところです。
一人が並ぶために待っている場合、他の家族が途中で合流するのもスムーズです。
しかもシェリーメイちゃんはディズニーシーにしかいませんからね。


我が家はシェリーメイちゃんとミニーちゃんと写真を撮ってきました。
シェリーメイちゃんは「いないいないばぁ」をしてくれたので、娘がめちゃくちゃ喜んでました。
ミニーちゃんには母子手帳ケースにサインももらいました。


⑶パレード
パレードは定番ですね。
レジャーシートをもって、冬はひざ掛けとかも持っていくと安心です。
海の前なのでめちゃくちゃ寒いんですよね。

ディズニーではパレードの1時間前からレジャーシートを置くことができますが、混んでいるときは1時間以上前から場所取りで待っている人がたくさんいます。

我が家はこれで期間限定のクリスマスバージョンのパレードを見ました。


⑷グッズ
ベビーグッズはアリエルのエリアにあります。
出産祝いなどのプレゼントもできるようにラッピングサービスもしているのでいいですね。

色んなグッズが売ってますが、普通のデパートとかにも売っている玩具とかもあるので、タグはちゃんと見てくださいね。
パーク内限定商品を買わないと何だか損した気分になりますよね。
ディズニーリゾートやディズニーシーと書いてあるタグをみて買うといいと思います。


⑸ベビーセンター
ディズニーランドに2つ、ディズニーシーに1つあります。
離乳食を食べさせる部屋、ミルク用のお湯や冷やす用の氷、おむつの交換台などがあります。
おむつや離乳食がない場合、ここで購入することもできます。


④退園~ホテルまで

退園は早めに、17時にはパークをでました。
夜はちょっといいものを食べたいという旦那君の希望のため、イクスピアリで夕食を食べました。
イクスピアリ内は美味しい飲食店がたくさんあるので、お勧めです。

食事の後は舞浜駅北口に戻り、ホテル直行のシャトルバスでホテル(舞浜ユーラシア)に移動しました。
平日だったからか、ホテル行のシャトルバスはそんなに混んでいませんでした。


⑤ホテル舞浜ユーラシア到着から就寝まで

ホテルは娘のため、部屋にお風呂が付いているプランにしました。
ただこれ、旦那君が予約したんですが、なんと「露天風呂」だったんです。
部屋にはシャワーのみ、お風呂は当たり前ですが外にありました。
いくら暖かい日とはいえ、夜は冷えるので娘をお風呂に入れるわけにはいかず、シャワーのみで済ませました。

娘は布団や部屋が変わっても、いつもどおり20時前には寝てくれました。

赤ちゃん連れだけど温泉も行きたいという方、このホテルは本当にお勧めです!
夫婦で交代で行けば、スパ施設を十分に堪能することができます!
お風呂もサウナも種類が多くて楽しかったです。

私的にはアロマのサウナがすごく良かったです。
私の時はバラの香りだったんですが、すごくリラックスできました。
まさかディズニーに遊びに来て温泉を堪能できると思わなかったので、本当に良かったです。


ディズニーシーのレポは以上です。

ディズニーシー自体の滞在時間は6時間くらいでしたが、十分満足できました。
天気がいい日は赤ちゃん連れでのディズニーシーは本当にお勧めです。
ベビーカーで散歩気分でパーク内を回るのも楽しいですし、パーク内は船や電車、車などたくさんあるので十分楽しめます。

次回はディズニーランドのレポを書きます。





読んでいただき、ありがとうございます
ポチッと応援していただけると嬉しいです



   ブログランキング・にほんブログ村へ