生後195日(生後6m11d)


私が赤ちゃんのベビーサインというのを知ってから2か月ちょっと経ちます。
ネットで調べたり、体験会に参加して、さらに興味が増すばかりなので、はじめるのが早いと思いつつも娘が生後4か月になるちょっと前から始めました。


1.ベビーサインを早めにはじめた理由
2.はじめて使ったベビーサインと娘の反応
3.試しているベビーサイン色々
4.ベビーサインの勉強方法


1.ベビーサインを早めにはじめた理由

本来、ベビーサインは6~7か月のお座りが自分でできるころからするといいといわれています。
早くはじめても、赤ちゃんの反応がなくて母親が挫折してしまうのと、お座りできて両手が使える方がいいからだそうです。

でも私は、早くても悪いことはないだろうと思って早めに始めました。

早く始めた大きな理由は、ベビーサインはすごく種類があるということです。
ベビーサインを覚えて、それでコミュニケーションをとる子だと、幼児期でも150個とかのサインを使い分けるそうです。

ベビーサインを使いこなすと、2歳のイヤイヤ期もコミュニケーションがとれるので比較的安定してすごせるとのことなのですが、そのためには50~60個はベビーサインを覚えていないとスムーズなコミュニケーションは難しいそうです。

そこで問題が一つ。
娘に教えるのは私なので、まずは私自身がベビーサインを覚える必要があります。
一気にいくつも覚えるよりも、長い時間をかけて覚えていった方が、私自身への負担が少ないと思ったので、勉強も兼ねて早めに始めました。



2.はじめて使ったベビーサインと娘の反応

はじめて使ったベビーサインは「おっぱい・ミルク」を意味するグーパーの動作です。

記事はこちら→

使い方は簡単で、「おっぱい・ミルク」の時にグーパーしながら話しかけるだけです。
「おっぱい飲む?」「ミルク飲む?」と聞きながら、グーパーを見せます。

私は他にも、飲んでる最中に「ミルク、美味しいね」といいながら話しかけたり、「ミルク、いっぱい飲んだね」とか話しかけながら、とにかくその単語を言う時にグーパーして見せてます。


このベビーサイン、一番見せているだけあって、最近は娘がミルクの時にグーパーするようになりました!
「ミルク飲む?」とベビーサインを見せながら聞くと、娘自身もグーパーするんです。
にこにこしながらグーパーするので、とても可愛いです。

今は私の方が授乳時間を気にして飲ませているので、娘からのお腹空いたの発信はまだ??ですが、反応が返ってくるだけでもとても楽しいですね。

正直、先生方には6~7か月からはじめるように勧められたので、反応があるのはまだまだ先だと思っていたのでびっくりしました。

娘が生後3か月の終わりごろからはじめたので、はじめてのベビーサインで反応があるまで2か月半くらいかかりました。

ちなみに、この「ミルク・おっぱい」の動作(グーパー)は牛の乳しぼりをイメージしているそうです。
ベビーサイン自身が持っている意味も考えると、ベビーサインを覚えるのが楽しくなりそうですね。


3.試しているベビーサイン色々

ベビーサインは1つだけを集中的に教えるのではなく、5~6個のベビーサインを同時に教えていく方がいいそうです。

赤ちゃんによって、自分で表現やすいサイン、しにくいサインがあるので、いくつか見せて反応を見た方がいいみたいです。

ちなみに、体験で教えてくれた先生には、1つのサインを覚えるのに2~3か月かかるのを覚悟してねと言われました。
だから教室に行った方がいいとのことでしたが・・・私自身は何とか独学でできないかなと模索中です(笑)


今、試しているのは
「おっぱい・ミルク」「ごはん」「おいしい」「絵本」「お風呂」「帽子(お外)」「お歌」「おむつ」「う〇ち」「ねこ」です。

「おっぱい・ミルク」以外は私自身、使うことをたまに忘れることもあるし、回数が少なめなのでまだ反応はありません。


4.ベビーサインの勉強方法

ベビーサインに興味はありつつも、教室に行くと結構お金がかかるのが気になりますよね。
近くでやっていなかったり、タイミング的に時期が合わないこともあります。

私自身は、今のところ体験教室で教わったベビーサインをしたり、使いたいものはネットで調べたりして使っています。
もう少し反応が多くなれば、本やDVDを買って練習しようかなと思ってます。



ちなみにベビーサインは流派?があるみたいで、教えているところによってサインが違うみたいです。
実際、もうすぐ2歳になる子どもがいるお友達がベビーサインを使っていましたが、動物やう〇ちの表現など、私が教えてもらったのとは違うサインを使っていました。

どこでもいいとは思いますが、自分も娘も覚えやすくて使いやすいのがいいですね。






読んでいただき、ありがとうございます
ポチッと応援していただけると嬉しいです



   ブログランキング・にほんブログ村へ