保健師めっこののんびり子育て

2016年11月

生後195日(生後6m11d)


私が赤ちゃんのベビーサインというのを知ってから2か月ちょっと経ちます。
ネットで調べたり、体験会に参加して、さらに興味が増すばかりなので、はじめるのが早いと思いつつも娘が生後4か月になるちょっと前から始めました。


1.ベビーサインを早めにはじめた理由
2.はじめて使ったベビーサインと娘の反応
3.試しているベビーサイン色々
4.ベビーサインの勉強方法


1.ベビーサインを早めにはじめた理由

本来、ベビーサインは6~7か月のお座りが自分でできるころからするといいといわれています。
早くはじめても、赤ちゃんの反応がなくて母親が挫折してしまうのと、お座りできて両手が使える方がいいからだそうです。

でも私は、早くても悪いことはないだろうと思って早めに始めました。

早く始めた大きな理由は、ベビーサインはすごく種類があるということです。
ベビーサインを覚えて、それでコミュニケーションをとる子だと、幼児期でも150個とかのサインを使い分けるそうです。

ベビーサインを使いこなすと、2歳のイヤイヤ期もコミュニケーションがとれるので比較的安定してすごせるとのことなのですが、そのためには50~60個はベビーサインを覚えていないとスムーズなコミュニケーションは難しいそうです。

そこで問題が一つ。
娘に教えるのは私なので、まずは私自身がベビーサインを覚える必要があります。
一気にいくつも覚えるよりも、長い時間をかけて覚えていった方が、私自身への負担が少ないと思ったので、勉強も兼ねて早めに始めました。



2.はじめて使ったベビーサインと娘の反応

はじめて使ったベビーサインは「おっぱい・ミルク」を意味するグーパーの動作です。

記事はこちら→

使い方は簡単で、「おっぱい・ミルク」の時にグーパーしながら話しかけるだけです。
「おっぱい飲む?」「ミルク飲む?」と聞きながら、グーパーを見せます。

私は他にも、飲んでる最中に「ミルク、美味しいね」といいながら話しかけたり、「ミルク、いっぱい飲んだね」とか話しかけながら、とにかくその単語を言う時にグーパーして見せてます。


このベビーサイン、一番見せているだけあって、最近は娘がミルクの時にグーパーするようになりました!
「ミルク飲む?」とベビーサインを見せながら聞くと、娘自身もグーパーするんです。
にこにこしながらグーパーするので、とても可愛いです。

今は私の方が授乳時間を気にして飲ませているので、娘からのお腹空いたの発信はまだ??ですが、反応が返ってくるだけでもとても楽しいですね。

正直、先生方には6~7か月からはじめるように勧められたので、反応があるのはまだまだ先だと思っていたのでびっくりしました。

娘が生後3か月の終わりごろからはじめたので、はじめてのベビーサインで反応があるまで2か月半くらいかかりました。

ちなみに、この「ミルク・おっぱい」の動作(グーパー)は牛の乳しぼりをイメージしているそうです。
ベビーサイン自身が持っている意味も考えると、ベビーサインを覚えるのが楽しくなりそうですね。


3.試しているベビーサイン色々

ベビーサインは1つだけを集中的に教えるのではなく、5~6個のベビーサインを同時に教えていく方がいいそうです。

赤ちゃんによって、自分で表現やすいサイン、しにくいサインがあるので、いくつか見せて反応を見た方がいいみたいです。

ちなみに、体験で教えてくれた先生には、1つのサインを覚えるのに2~3か月かかるのを覚悟してねと言われました。
だから教室に行った方がいいとのことでしたが・・・私自身は何とか独学でできないかなと模索中です(笑)


今、試しているのは
「おっぱい・ミルク」「ごはん」「おいしい」「絵本」「お風呂」「帽子(お外)」「お歌」「おむつ」「う〇ち」「ねこ」です。

「おっぱい・ミルク」以外は私自身、使うことをたまに忘れることもあるし、回数が少なめなのでまだ反応はありません。


4.ベビーサインの勉強方法

ベビーサインに興味はありつつも、教室に行くと結構お金がかかるのが気になりますよね。
近くでやっていなかったり、タイミング的に時期が合わないこともあります。

私自身は、今のところ体験教室で教わったベビーサインをしたり、使いたいものはネットで調べたりして使っています。
もう少し反応が多くなれば、本やDVDを買って練習しようかなと思ってます。



ちなみにベビーサインは流派?があるみたいで、教えているところによってサインが違うみたいです。
実際、もうすぐ2歳になる子どもがいるお友達がベビーサインを使っていましたが、動物やう〇ちの表現など、私が教えてもらったのとは違うサインを使っていました。

どこでもいいとは思いますが、自分も娘も覚えやすくて使いやすいのがいいですね。






読んでいただき、ありがとうございます
ポチッと応援していただけると嬉しいです



   ブログランキング・にほんブログ村へ        










生後187日(生後6m3d)

娘が産まれてから半年が立ちました。
色々としようと思っていたハーフバースディのお祝いと写真。
今日、購入していた商品が届いてやっとやりたかったことがすべて終了しました。


やりたかったこと4つ

1.ハーフバースディケーキ(簡単!デコレーションのみ)
2.おむつアート(おむつでケーキを表現)
3.ペーパーガーラント+王冠(メモリアルバースディ演出セット)
4.スタジオ写真



1.ハーフバースディケーキ

image


製作時間:1時間
制作料金:700円弱

ネットで色々とケーキのことを調べていたのですが、実は自分にはできないかなと半場諦めていました。


半分のケーキのを買う・作るっていうのをはじめは考えましたが、買うのはしてくれるお店もわからないし、値段も結構高そうです。
お菓子作りは好きだけど、結構時間がかかるので現実的には無理かなぁと思っていました。


離乳食で作るっていう手もありますが、離乳食は6か月入った日からはじめようと決めていたので諦めました。
一番初めの離乳食の量ってほんとうにちょっとですものね。


結果的に、買い物に行ったイオンでたまたま半分のチョコレートタルト(250円位)を見つけたので、そこにチョコペンでデコレーションしました。
チョコペン(3本)とハッピィバースディのろうそくはセリアで購入しました。


お安くできたし、デコレーションも楽しかったので満足です。
ケーキは後で旦那君と二人で美味しくいただきました。



2.おむつアート

image

image

恒例の月齢毎のおむつアートです。
使ったものはタオル・おむつ・バンボ・王冠・ぬいぐるみ・ジョイントマットです。


王冠とかは300COINSで300円で2個入りでした。
ゴムであごの下にかけれるようになってます。


今回は6か月といういつものおむつアートとおむつでケーキを作ったものを撮りました。
おむつのケーキには何気に隠れミッキーがいます。
両方とも娘のにこにこ笑顔が撮れました。


最近、娘は暇になると怒ることが多くなってきたので、写真を撮る際は私が撮影係、旦那君が笑わせる係です。
一人でするときは笑ってくれるように気を引きながらなので、長時間になると結構大変です。


ちなみに、初めちょっとご機嫌斜めだったので、歯固めで気を紛らわせて写真を撮ろうとしたら、歯固め食べるために手で顔を隠してしまったので失敗しました。
最終的にはいないいないばぁとか、私が口で色んな音を出したり、変な踊りを踊ったりして気を引いて撮りました。



3.ペーパーガーラント+王冠(メモリアルバースディ演出セット)


image

これの到着を待っていたのでブログを書くのが遅くなりました(汗


というのも、あす楽対象商品だから次の日に届くだろうと思って11月1日に注文したら、、まさかのメール便は対象外の・・・
結局届いたのは11月5日でした。
自分の確認不足が駄目だったんですが、ぎりぎりに注文するのは商品が届かないことがあるから危険ですね。


こちらはハーフバースディ、1歳、2歳、3歳と使えるのでいいなと思って購入しました。


紙は結構しっかりしていますし、これさえあればこちらの準備は何もいらないので準備が楽ちんです。
ガーラント用の糸も、壁に固定するテープもついていたのはありがたかったです。
あと袋から取り出すときに文字がきちんと順番に並べられていたのが助かりました。
いちいち文字探すのとか、ちょっと大変だと思ったので。


王冠も後ろでリボンで長さ調節して固定できたのですごく使いやすかったです。
はじめに使っていた300COINSの王冠とは全然違いました。
300COINSのでも固定できたんですが、動くと取れてしまったり、ゴムの調整が結構難しかったので・・・


こちらは頭の大きさに合わせて調整できたのですごくよかったです。
おでこでとめれて、全然ずれなかったです。



4.スタジオ写真


image

いつも行っているスタジオで今回も撮影しました。
娘はまだきちんとお座りできないのですが、そこはプロの技、写真ではきちんとお座りしているように見えます。
実際は、すぐ隣に私がいて、何度も手を出して娘の体を支えていました。

ちなみに、娘のお座りは前かがみからでも自力で持ち上げることができるけれど、たまに勢い余って後ろや横に倒れる感じです。
お座り自体は大好きです。



ハーフバースディまとめ


色々やって大変でしたが、すごく楽しかったです。
もちろん、自分の自己満足というのは重々承知しているのですが、、私自身がこういう事をすることでストレス発散できているので、そこはいいかなと割り切ってます。

お母さんが楽しくしてれば、娘も楽しい・・・はず。
1歳のバースディは娘が食べられるもので、ケーキとかお祝いプレートを作りたいなと今から楽しみです。




読んでいただき、ありがとうございます
ポチッと応援していただけると嬉しいです



   ブログランキング・にほんブログ村へ        












このページのトップヘ